tkd2017の勉強ブログ

日々の勉強をアウトプットするブログ

麻雀の点数計算を身につける その5(符の計算)

前回は満貫、跳満、倍満、3倍満、役満、ダブル役満の点数について確認して、これでロンとツモの点数をすべて確認しました。

最後に符計算を身につけます。これが分かると、麻雀の点数をすべて計算できることになります。

符計算の基礎

符は次の5つの項目の合計です。

  • 副底(フーテイ)
    • 必ず20符
  • 面子内の刻子/槓子
    • 中張牌*1の明刻が2符、暗刻が4符、明槓が8符、暗槓が16符と2倍になっていく
    • 么九牌*2の明刻が4符、暗刻が8符、明槓が16符、暗槓が32符と中張牌の2倍になる
    • 双碰待ち*3の和了で刻子ができる場合、ロンだと明刻扱い、ツモだと暗刻扱い
  • 雀頭
    • 自風、場風、三元牌の場合2符
    • 連風牌の場合、自風+場風で4符
  • 待ち
    • 嵌張*4、辺張*5、単騎*6の場合2符
    • つまり待ちが一種なら2符
  • 和了
    • ツモは2符(鳴いていても2符)
    • 面前ロンは10符(鳴いたら0符)

符計算の特例

上記の基礎で符計算はおおむね大丈夫ですが、3つの特例があります。

  • 面前平和ツモは必ず20符
    • 本来はツモなら2符が付きますが、歴史的な経緯でツモの1飜の代わりに2符が付かないという扱いらしいです
    • 平和ロンは通常どおり、面前ロンの10符が付いて30符
  • 七対子は必ず25符
    • 本来は0飜100符の役だったらしいですが、1飜縛りのルールが普及する中で50符1飜となり、25符2飜が定着したらしい(点数は同じ)
    • ツモの2符は付かない(1飜は付く)し、ロンの10符も付かない
  • 食い平和は必ず30符
    • チーをしたうえで、刻子/槓子なしの両面待ちがこれにあたる
    • ツモなら通常どおり、ツモの2符が付いて切り上げの30符
    • 雀頭が数牌でロンだと何も付かないので20符となるが、麻雀には20符1飜はないので、特例で30符1飜として扱う(認めるルールもある)
    • 仮に20符1飜があったとすると、640点の切り上げで700点ということになる

練習問題

以上を踏まえた上で、練習問題に取り組んでみましょう。解説は別途。

子の場合と親の場合を計算してみてください(リーチは一発なしとします)。

f:id:tkd2017:20180203162335p:plain

イッツードラ1の2飜

f:id:tkd2017:20180203162403p:plain

中のみ1飜

f:id:tkd2017:20180203162409p:plain

リーチ3色の3飜

f:id:tkd2017:20180203162358p:plain

リーチツモ平和一盃口の4飜

f:id:tkd2017:20180203162349p:plain

ツモタンヤオ七対子の4飜

まとめ

麻雀は打っていれば役は覚えられるんですが、点数計算は覚えようと思ってもなかなか難しいですね。

麻雀の点数計算は符計算、飜計算、そして点数導出となります。点数表を覚える気はあまりないんですが、やっているうちに覚えてしまう部分と、そうでない部分は計算で求めればカバーできます。

符計算と点数計算は、どちらも原則をおさえることで効率よく行えます。ゲームなどで麻雀を打つときにも、自分で符や点数を計算してみてください。

*1:数牌の2〜8

*2:1、9、字牌

*3:2組の対子での待ち

*4:46など間待ち

*5:12や89での待ち

*6:雀頭待ち