tkd2017の勉強ブログ

日々の勉強をアウトプットするブログ

麻雀の点数計算を身につける その4(満貫、跳満、倍満、3倍満、役満、ダブル役満の点数)

前回はツモ時の点数について確認して、ロンの点数を基にツモの点数を確認しました。

満貫以上は簡単なのですぐに覚えられるはずです。

基本は子の満貫

まずは基本となる子の満貫ですが、ずばり8000点です。40符4飜からが満貫となるので、必ず忘れないようにします。

次に3飜でも満貫となるケースがありますが、これも難しくはありません。 1飜上げて符を半分にする という計算方法がありましたが覚えていますか? 4飜の30符を越えると満貫だったので、同じ理屈で 70符3飜 も満貫になります。

あとは5飜も満貫です。まとめると、満貫は次の3パターンです。

  • 3飜の70符以上
  • 4飜の40符以上
  • 5飜

子の跳満、倍満、3倍満、役満、ダブル役満

残りは満貫以上ですが、これは名前がわかりやすいですね。跳満が1.5倍なのは慣れましょう。飜数も合わせてまとめます。

名称 飜数 点数
満貫 5飜 8000
跳満 6,7飜 12000
倍満 8,9,10飜 16000
3倍満 11,12飜 24000
役満 13飜 32000

役満は、役を組み合わせて13飜以上になる 数え役満 と、役満役(国士無双とか)とがあります。役満は4倍と覚えておけば計算も簡単ですね。

ダブル役満(あるいはトリプル役満など)はルールによってあったりなかったりです。純正九蓮宝燈とか、国士無双単騎とか、字一色大三元とか。まぁダブルってつくくらいなので、さらに倍(64000点)って覚えておけば大丈夫です。

親の満貫、跳満、倍満、3倍満、役満、ダブル役満

さて、親の場合ですが、これも簡単です。親の点数は 子の1.5倍 ですので、そこから導出できます。

名称 飜数 点数
満貫 5飜 12000
跳満 6,7飜 18000
倍満 8,9,10飜 24000
3倍満 11,12飜 36000
役満 13飜 48000

もちろん親のダブル役満は96000点となります。

まとめ

というわけで、満貫となる3パターンとそれ以上の飜数が頭に入れば、複雑な計算もないので割と簡単です。

子の満貫以上の点数。

名称 飜数 点数
満貫 5飜 8000
跳満 6,7飜 12000
倍満 8,9,10飜 16000
3倍満 11,12飜 24000
役満 13飜 32000

親の満貫以上の点数。

名称 飜数 点数
満貫 5飜 12000
跳満 6,7飜 18000
倍満 8,9,10飜 24000
3倍満 11,12飜 36000
役満 13飜 48000

満貫の3パターン。

  • 3飜の70符以上
  • 4飜の40符以上
  • 5飜

とにかく、 子の満貫は8000点 が基本となり、あとは全部計算で導出できます。これをしっかりおさえておきましょう。