tkd2017の勉強ブログ

日々の勉強をアウトプットするブログ

麻雀の点数計算を身につける その3(ツモ時の点数)

前回は20符、25符、60符、80符、90符、100符、110符の点数について確認して、ロン時の点数が確認できました。

子のロン点数表。

1飜 2飜 3飜 4飜
20符 - 1300 2600 5200
25符 - 1600 3200 6400
30符 1000 2000 3900 7700
40符 1300 2600 5200 -
50符 1600 3200 6400 -
60符 2000 3900 7700 -
70符 2300 4500 - -
80符 2600 5200 - -
90符 2900 5800 - -
100符 3200 6400 - -
110符 3600 7100 - -

親のロン点数表。

1飜 2飜 3飜 4飜
20符 - 2000 3900 7700
25符 - 2400 4800 9600
30符 1500 2900 5800 11600
40符 2000 3900 7700 -
50符 2400 4800 9600 -
60符 2900 5800 11600 -
70符 3400 6800 - -
80符 3900 7700 - -
90符 4400 8700 - -
100符 4800 9600 - -
110符 5300 10600 - -

実はロンの点数がわかれば、そこからツモの点数を導出するのは簡単です。

子のツモは2で割って、2で割る

子がツモした場合、親の支払いと子の支払いは異なります。点数の計算式を確認します。

  • 子のロン:基本点 x 4
  • 子のツモ:親は基本点 x 2、子は基本点(子は二人いるので結局 x4 になる)

ロンの点数から逆算すると、 親の支払いはロン時の半分、子の支払いはそれのさらに半分 になります。10の位は一律切り上げすればよく、点数の例外は存在しません。なお25符2飜はロンでしか成立しないため、ツモ点数表には不要です(25符は七対子のみ(つまりメンゼン役)でツモだと3飜になる)。

子のツモ点数表。

1飜 2飜 3飜 4飜
20符 - 400,700 700,1300 1300,2600
25符 - - 800,1600 1600,3200
30符 300,500 500,1000 1000,2000 2000,3900
40符 400,700 700,1300 1300,2600 -
50符 400,800 800,1600 1600,3200 -
60符 500,1000 1000,2000 2000,3900 -
70符 600,1200 1200,2300 - -
80符 700,1300 1300,2600 - -
90符 800,1500 1500,2900 - -
100符 800,1600 1600,3200 - -
110符 900,1800 1800,3600 - -

ツモの点数の特徴としては、ロンの点数を半分にするということは 1飜ダウンと同じ 、さらに半分は さらに1飜ダウンと同じ ということです。30符4飜のロンは7700ですが、ツモは2000,3900です。これは30符2飜と3飜の点数と一致しています。

親のツモは3で割る

親がツモした場合、子は同じ点数を支払います。点数の計算式を確認します。

  • 親のロン:基本点 x 6
  • 親のツモ:基本点 x 2(子は三人いるので結局 x6 になる)

ロンの点数から逆算すると、 子の支払いは1/3 になります。10の位は一律切り上げすればよく、点数の例外は存在しません。なお25符2飜はロンでしか成立しないため、ツモ点数表には不要です(25符は七対子のみ(つまりメンゼン役)でツモだと3飜になる)。

親のツモ点数表。

1飜 2飜 3飜 4飜
20符 - 700 1300 2600
25符 - - 1600 3200
30符 500 1000 2000 3900
40符 700 1300 2600 -
50符 800 1600 3200 -
60符 1000 2000 3900 -
70符 1200 2300 - -
80符 1300 2600 - -
90符 1500 2900 - -
100符 1600 3200 - -
110符 1800 3600 - -

さて親のツモですが、よく見ると、子のロン時の点数と似ていませんか? 実は ツモ時の子一人の支払いは、1飜ダウンの子のロンと一致 します。例として親の40符3飜ツモで確認してみます。

40 x 2^(3+2) x 2
= 40 x 2^(2+2) x 2 x 2
= 40 x 2^(2+2) x 4

たしかに子の40符2飜の式になりました。ということで、2飜以上は子の点数表からも導出できます。ちなみに1飜の点数は、1飜ダウンの手が使えないため、2飜を2で割ると導出できます。

また子と親のツモ点数表を見比べてみると、 子のツモ時の親支払いと、親のツモ時の子支払いも一致 しています。

まとめると、親のツモ時の支払いは次の3つの方法で導出できます。

  • 親のツモ時の点数を3で割る
  • 1飜ダウンの子のロン時の点数
  • 子のツモ時の、親の支払いの点数

まとめ

以上で、ツモの点数表を完成させることができました。

子のツモ点数表。

1飜 2飜 3飜 4飜
20符 - 400,700 700,1300 1300,2600
25符 - - 800,1600 1600,3200
30符 300,500 500,1000 1000,2000 2000,3900
40符 400,700 700,1300 1300,2600 -
50符 400,800 800,1600 1600,3200 -
60符 500,1000 1000,2000 2000,3900 -
70符 600,1200 1200,2300 - -
80符 700,1300 1300,2600 - -
90符 800,1500 1500,2900 - -
100符 800,1600 1600,3200 - -
110符 900,1800 1800,3600 - -

親のツモ点数表。

1飜 2飜 3飜 4飜
20符 - 700 1300 2600
25符 - - 1600 3200
30符 500 1000 2000 3900
40符 700 1300 2600 -
50符 800 1600 3200 -
60符 1000 2000 3900 -
70符 1200 2300 - -
80符 1300 2600 - -
90符 1500 2900 - -
100符 1600 3200 - -
110符 1800 3600 - -

ロンの点数からツモの点数が導出できることを覚えておけば、わざわざ覚えなくても済みますね。とはいえ、毎回計算するのも面倒なのは確かです。まぁ何回も繰り返すうちに覚えていけばいいんじゃないでしょうか。