tkd2017の勉強ブログ

日々の勉強をアウトプットするブログ

「採用で大事なこと」を読んで

Facebookでシェアされていたので、次のブログを読みました。

ameblo.jp

この中でビジョナリー・カンパニー 2という書籍が紹介されています。未読ですが。

さてブログの中で次のような一文がありました。

「適切な人をバスに乗せる」というのは、

優秀な人から順に選んで乗せるのとは、

似て非なるものです。

感覚的には、一緒に働きたいひとを

乗せるに近いでしょう。

これ、すごく共感できます。

前職でも現職でも採用プロセスに関わっていますが、採用って本当に難しいですよね。技術レベルやコミュニケーションスキル、入社後の姿などをイメージするわけですが……。

想像以上に活躍してくれる人もいれば、もちろん逆もあるわけです。そうなった時に「失敗したな」とお互いに後悔しないためにはフィーリング(一緒に働きたいという思い)が大事かなと。

そこさえ合えば、企業としてはどうしたら問題解決ができるか一緒に考えていきますし、個人としてはスキルアップなどもモチベーションをもって取り組んでいけるわけです。

お互いに不幸にならないために、採用はしっかりと取り組んでいきたいです。

typoのお知らせ

最後に記事内のtypoが気になったので、ここに書いておきます。

これは最近ではピポットと呼ばれる

”事業転換”が頻繁に必要になる

ネット業界ではとても大切なことです。

正しくは ピボット ですかね。

今日はこんなところで。